中国人女のワキガ、体臭

ワキガ中国人女をゲット!何度か通ってアピールしたかいがあった!

 

火鍋屋で働いていた女の子が、パン屋へ転職。

中国って生活臭が強いから、体臭は目立たないんだけど。

ちょい高級そうなパン屋は別。

パンの香に混じって、ワキガの爆臭。
何度かパン屋に通い、火鍋屋の女の子が発生源だということを、再確認!

可愛い子だったし、

「どんなパンが美味しいの?」
「オススメのパンは?」

と、ちょっと無理矢理だけどなるべく自然を装い接近。
向こうはこちらを外国人だと認識していない様子。

アレだけ火鍋屋で日本人とつるんで火鍋食べていたんだから・・・気づけよw

それから、彼女の出身地を聞いたりして連絡先をゲット!

仕事終わりの時間を聞いて、早速電話。
デートの申し込みをした。

あの時は、
「ラーメン大好きなんだけど、美味いラーメン屋教えて!え?場所を言ってもらってもわからないから今度連れてって!」

これで無理矢理デートOK!
向こうはどう思っているかしらんけど、こちらはデート気分。

非番の日、確か土曜日だったな。

彼女の名前は楊娟ちゃん。当時21歳。年も5歳差でちょうどよかった。
年から離れた田舎から出稼ぎに来ていて、こちらで寮ぐらし。
いつも友達と一緒の部屋で寝起きしていた。

「実は日本人なんだぜっ!」←臭太郎は日本純国産だぜっ!

とカミングアウト。

「え~!?全然わからなかった!中国語美味いね~!」

ラーメン屋に行って、それから喫茶店へ。

その町に出来たばかり(2007年)のスターバックスでお茶。
こんなお店来た事ない…と、ちょっと引き気味。

農村出身の子だったらこんなとこ来ないだろうな。
まだ、中国の農村の人にとったら、スタバはじめ喫茶店は馴染みがありません。

ま、それはともかく。

chuugoku

楊ちゃんのワキガがすごいw

むせ返るような臭いをデートの後半に発し始めた。
彼女は気づいていないのかニコニコ。
彼女の故郷のことや、この街の方言についていろいろ教えてもらった。彼女は得意満面。

とりあえず、彼女とは仲良くなれた。

今度は映画に誘った。

中国の女の子、特に中国の農村の娘はガードが固そう。
おまけに、この臭太郎・・・中国人と付き合うのはこれが初めてだったんす・・・。

いきなり、本番はあれなんで地ならしをしていたなあ。
中国女をここでゲットだぜ!

まずは家から一歩も出ずに外国人女性と知り合いになる!

-中国人女のワキガ、体臭