韓国人女性の体臭

韓国人女性のチョンちゃん、後味すっきりで日本での恋愛を楽しんだ

2015/05/08

韓国人女性のチョンちゃんと付き合っていた。

前回までのお話;
ムッチリぽっちゃりの帰国間際の韓国人留学生に告白して、短期恋愛した思い出

留学期間を満了して、韓国に帰る日が迫っていた。
帰国間際に付き合うことって、結構多いなあ。自分の行動を見なおしてみると。

決して、帰国間際の娘を狙っているわけじゃあないんです(^^ゞ
サークル活動で知り合ってからの期間は1年以上だけど、恋人として付き合った期間は4ヶ月もなかった。それでも、プリプリ、まるまるの体を堪能できたし、処女からセックス好きの女に変わっていくところはなんとも言えない嬉しさだ。

韓国では全然恋愛をしたことがなかったそうだけど、勲煮の気持ちよさを知ってからは、帰国後、数人の男たちと付き合っただろうな。

著作者:PHOMONA

著作者:PHOMONA

彼女から韓国語を教えてもらうことは殆ど無かった。

日本語がとてもうまかったし、私自身、中国留学中に韓国人留学生に韓国語を教えてもらったけれど、あまり興味が持てなかったからだ。

女性はセックスを覚えるとなんとなく艶めいてくるし、化粧も変わってくる。

特にアジア人女性は顕著だと思う。

中国のワキガ娘の楊ちゃんもそうだし、チョンちゃんもそう。

チョンちゃんの胸はかなり大きく、パイズリなんかもしてもらった(まあ、私はパイズリをしてもらうのはあまり好きではないし、やってもらってもあまり気持ちいいと感じなかった)。

で、不思議に思ったのは彼女の乳首。
普通、乳首と言うと、コリコリしていて、乳房とは違った質感と肌触りなんだけど、チョンちゃんの乳首はおっぱいと乳首が一体化しているようで、肌触りもおっぱいとそれ程かわらず、「乳首として独立」していない感じだった。

だから、乳首を引っ張っても、乳首をいじっている感触は殆どなかった。
乳首をいじると、気持ち良い声をだすときもあったけど、乳首の質感があまりにもなかったんので、演技じゃないだろうかと疑ったこともある。

でも、おまんこを触ってみるとしっかり濡れていたから、それなりに気持ちはよかったんだろうな。

チョンちゃんのおっぱいやまるまるした体、ホモソーセージのような肉付きの太もももよかったけど、アジア人女性はやっぱり肌のキメが細かいので、抱き心地はすべすべしていて気持ちが良い!

チョンちゃんは太っているからなおさら肌が張っていて気持ちよかった。
残念ながらワキガはなかったけど、キムチを常食していたせいか、ワキやお裾からはほのかにキムチ臭とニンニク臭がいつも漂っていた。

正常位でした時に揺れるおっぱいと、たぷついたお腹、それとVゾーン周辺の肉が「パチン!パチン!」と鳴った時の感触はもう最高!

バックからもデカケツめがけて責めたけど、肉感が気持ちよすぎた。
チョンちゃんは恥ずかしがっていたけど、街なかでもいつもベタベタチョンちゃんのことを触っていた。

韓国人の女というと韓流スターやちょっと前の少女時代のような、整形手術をバリバリして、流行りの格好をしたイメージがあるけど、チョンちゃんはまったく違っていた。

いわゆる普通の地味めな女の子。

保守的な感じがしたけど、日本にいるせいか、若干開放的だったんだろうと思う。
そんな彼女も帰国することになり、成田空港まで見送った。
遠距離恋愛する気力は彼女にはなかった。

連絡を取り続けて、良ければ付き合っていこうと話をしたこともあるけど、

「どうせ、臭太郎・・・っていうか男なんて、好きな女と離れちゃえば、すぐに新しい女を見つけるでしょ」

と、まったく信じられていなかった(^^ゞ
彼女がそのつもりなら、仕方がない。

未練タラタラだったけど、自然消滅という形で、月日が経つに連れて別れの哀しみは溶けていった。
アーシャポーランド娘のアンナとは離れ離れになっても、連絡は取り合っていた。

恋愛に掛ける情熱というのは、白人女性のほうが強かったし、ロマンチックだったなあ。
そーいや、韓国人のワキガ率ってどれくらいなんだろ(^^ゞ?
白人女性と付き合いたい奴、出てこいやっ!

オススメ精力剤!ブツの大小ではないことはわかっている!でも…やっぱり男だったらデカイ方がいいよね!

まずは家から一歩も出ずに外国人女性と知り合いになる!

-韓国人女性の体臭